スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/11 能登半島最北端へ

今回の旅行のメンバーは彼と彼の後輩と私の父の4人。
行程は能登半島の最北端「珠洲」を回って輪島で一泊、二日目は金沢で一泊して帰ってくるという移動距離の長~い旅でした。

11日。5時に出発!して北関東道路、関越自動車道を走り11時頃富山県氷見市到着。
人気があるという回転寿司「きときと寿司」を見つけお昼ごはん~♪

ボックス席に通されお茶やらガリやら用意しながらレーンをチェックすると、流れて来る来る、隙間無くお寿司が流れてくるの(@_@)
と、流れをせき止め更にお寿司投入~。
で、「バーン!」
コーナーを曲がり切れず落下!!可愛そうなお寿司ちゃん。
あ~びっくりした。
何もそんなに流さなくったって。。。

一波乱あったもののお味の方は◎
生ものがあまり得意じゃない私にだって、いつもの一皿¥100との違いは一目瞭然!見るからにプリッと新鮮!
イクラ、大トロ、鮭すき身イクラ乗せ、甘えびが美味しかったよ~о(ж>▽<)y ☆

“きときと”とは富山方言で“新鮮”という意味だそうで、納得!

後は珠洲を目指しひたすら北上。
途中トイレ休憩に寄ったところにこんな物が。
DSC00966.jpg
海の中に立てられた櫓の上に人が座ってるの分かりますか?
一瞬「こわっ!」と思ったけど、「ぼら待ちやぐら」といって江戸時代から伝わる日本最古の漁法なのだそうです。
穴水湾の伝統漁法で、7~8mの櫓の上から海底の網を見張り、ボラの群れが網に入ったところを手繰りあげるというなんとものんびり~な手法だったようですが、ボラは音に敏感なため静か~に待たなければならなかったとか。。チョ~孤独(@_@)

更に北上し午後3時。
能登半島最北端の「禄剛崎(ろっこうさき)灯台」到着。
といっても駐車場から8分くらい歩かなければなりません。
「なぁんだ8分くらい!」って思ったら大間違い!
か~な~りの急勾配とジリジリ照り付ける太陽が運動不足で怠けた体から容赦なく体力を奪ってゆくのよ。
でも見てください!この景色。DSC00972.jpg
DSC00985.jpg
「み~んみ~んみ~ん♪」
「じーじーじーじー♪」
せみの声に包まれながら歩いていくと。。
DSC00974.jpg疲れも吹っ飛びますね。
DSC00982.jpg禄剛崎灯台
つる~んとした灯台しか見たことがないので、白くてごつごつとした壁がいい感じ♪

DSC00983.jpg
日本で唯一「聞くの御紋章」がある灯台だそうです。


次は珠洲塩田から輪島市へ移動します。
スポンサーサイト

コメント

■ ボラ待ちやぐら

はじめまして。
今日夕方まで、そのあたりに居ました。
写真の「ボラ待ちやぐら」のある穴水町出身です。
きときと寿司はネタが大きくて美味しいですよね。
狼煙の灯台の続きが楽しみです♪

■ ★あきたんさん

ご訪問&コメントありがとうございます♪

偶然寄った「ボラ待ちやぐら」はトイレ休憩だけのつもりだったのですが、雰囲気の良さにまったり〜♪と思いのほか長居してしまいました( *´艸`)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chatonikki.blog93.fc2.com/tb.php/231-16239b39

 BLOG TOP 

プロフィール

CHATON:花音

Author:CHATON:花音
CHATON(シャトン)のNIKKI(日記)だからCHATONIKKI(シャトニッキ)。
Web Shopのサイトはこちら
手作り雑貨のお店:布小物・ペーパークイリング CHATON

CalendArchive

黒ねこ時計

FC2カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

あし@

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。